自動車を廃車する時に「お金を払った」なんてよく耳にしますが、車検切れの車以外の場合は手続きを行うことで税金が還付(払い戻し)される制度があります。 基本は請求しなければ返還されないものですが、きちんと理解した上で請求しましょう。思った以上に多くのお金が戻って来ます。

自動車税の還付(手続費用無料)

自動車税は毎年4月1日現在に車を所有していた人に掛かる税金です。
(4月ごろ自動車税納付書が送付されて来て、5月末までに支払う義務がある税金です。)
自動車税は先払いで1年間支払っているので、きちんとした廃車をすると税金が戻ります。

 ・ 普通車は月割り計算で払い戻し金額が決まります。(日割り計算はされません。)
   ※軽自動車は、1度支払うと還付されるお金はありません。
   廃車した月から、3月31日までの残りの月数を計算します。
   所持している車の排気量によって税額が決定されます。
   例え普通車でも正確な金額が出ないのは、排気量により異なるからです。
   当社では車を廃車した場合、買取申込みされたお客様に返還手続きを行います。
   車検の残り月数は関係ありません。 
   廃車しようとする月により還付金額が異なります。
   
(例)マーク2を10月に廃車する場合
    29500円÷12×5となり12291円の還付となります。


   必要な書類は無い上に、当社で還付手続きの費用請求も発生いたしません。
   後日、小切手が自宅に送られますので、指定の銀行に持込むと現金化できます。
   ※軽自動車は還付されませんのでご注意ください。

重量税の還付(手続費用無料)

自動車を適正に廃車手続きを行いますと車検が残っている車に対して重量税が還付されます。
自動車リサイクル法以前は還付されませんでしたが法施工後、平成17年1月から還付が可 能となりました。当社では車を廃車した場合、買取したお客様に返還手続きをいたします。
 計算式参考例
  車検時に支払った重量税÷24ヶ月(2年車検の場合)×(残りの車検月-1)となります。
  (手続きの都合上1ヶ月分戻りが少なくなります)
 
(例)
   車検時に37800円の重量税を払った場合、車検が1年残っている車を廃車すると
   37800円÷24×(12-1)=17325円が還付されます。


   当社で書類作成、還付請求手続きはすべて無料で行います。
   
   必要物として本人名義の通帳または口座番号が必要です。
   現金での還付はできません。 後日口座へお振込みになります。

自賠責保険還付(手続費用3,000円)

車検が残っている車を廃車しますと自賠責保険還付が発生いたします。 
軽自動車、普通車共に2年間で約3万円を車検時に支払っています。
還付の計算式は、保険会社による問い合わせでも「無い」との回答でした。
当社で計算しますと、概算になりますが、
車検時に払った自賠責保険料÷24(2年車検の場合)×(残りの車検月)×0.8位
のようです。 (簡単に言うと、約20%程度減額されるようです。)
 
(参考例) 普通車で、車検が1年残っている車を廃車すると
  
30830円÷24×12×0.8=約12300円が還付されます(概算)

   必要な書類は本人名義の通帳または口座番号と認め印です。
   後日その口座に振り込みされます。
   当社で書類作成、保険会社への連絡手続き費用は3000円かかります。

Copyright(c) 1974-2011 Takusyoku Syokai Co.,LTD.