地球温暖化の進む今、私達に与えられた「宿命」それは、CO2排出を抑えること。
「自分はいいや」の気持ちが未来の命を悲しませる原因になります。
ひとりひとりが決心して、世界中の人々で取り組むべき活動になっています。



今、地球に起こっていることを知っていますか?

私たちの住む命の星では今、歴史上初めてとも言える急激な変化がおこっています。それは私たち人間の周りにだけ起こることではなく、地球上で暮す全ての生物に様々な影響をもたらしているのです。あなたの身の回りでも「なんだか昔とはちょっと違う?」と感じることはありませんか?もしかしたらそれも地球温暖化の影響なのかもしれません。

便利な暮らしが生み出したものとは…

私たちが便利で快適な生活を送るためには、大量のエネルギーを必要としています。車や飛行機、電車など乗り物を動かすのには、電気やガソリンなどのエネルギー資源が使われ、二酸化炭素や窒素酸化物など熱を吸収して溜め込む性質のある炭素を含んだ物質を排出します。
これが地球温暖化の原因になっているといわれていますが、衣類や食べ物を作り運ぶ過程でも、さらにはゴミを処理するときにもエネルギーが使われて温室効果ガスを排出しているのです。
また、人間が現在使っているエネルギーのほとんどが化石燃料で、限りある資源です。毎日の生活をよく思い出してみてください。冬でも夏野菜が食べられる、夏でもエアコンを使えば涼しくすごせる、壊れやすくても安いものなら使い捨ててしまう、こんなことはありませんか?エネルギーを大量消費し、温暖化を促進させてしまう便利な社会は、沢山の問題を抱えているのです。

地球温暖化対策、私たちにできること

日本を始め、先進国の都市部は宇宙からでも光って見えるそうです。特に日本は日本列島の形を光がかたどっているそうです。私たちは、エネルギーを使い大量の炭素を排出する高炭素消費社会で便利な生活しています。地球の変化に危機感を感じた今、高炭素社会からエネルギーも食物も全てを循環させる低炭素社会へと転換しなければいけない時期が来ているのです。
数年前に京都で開かれた京都会議では、こういった温暖化対策を中心とした環境に影響を与えないための対策が話し合われ、それぞれの国が協力し合い地球を守るために頑張ろうとしています。そのためには、私たち一人ひとりの生活から見直し、ゴミの分別や環境への配慮、地産地消、省エネ対策など、一つずつでもできることから改善していくことが重要です。


  文章見分参考サイト
Copyright(c) 1974-2011 Takusyoku Syokai Co.,LTD.